下アゴの歯が出ていることから“デバ”スの名前がつきました。群れをつくり、危険を感じるとサンゴの隙間に隠れます。