「イチゴ」ポイント、誰も来ないで!

「パナマ湾」のアカハナグマ。
1月上旬にアズキ親子に加え、アズキの姉・トマトとメスのイチゴを展示したとお伝えしましたが、やはり、トマトはこどもが苦手らしく、こどもが寄ってくると威嚇したり、はては咬みつこうとしたため、現在はバックに移動して、現在はアズキ親子とイチゴの5頭展示となっています。

アズキはお姉ちゃんのトマトが大好きで、トマトを移動するにあたってはかなり悩みましたが、こどもが怪我をしては大変です。なので、ごめんやけど...。

しかし、こどもが苦手ってあるんですねえ。他人とは思えません。でも、トマトは自分が母親になればまた変わるかもね。

で、イチゴはトマトと共にバックに移動するか、展示に残すかを検討しましたが、こどもたちともアズキママとも大きな問題がないので、展示を継続しています。

ですが、イチゴだってひとりになりたい時があります。

そんな時、彼女は展示の中央上方にある岩と岩との間(上は金網)に行きます。
ここは「イチゴポイント(左)」という名がついています。
20130218_1.JPG

20130218_2.JPG

時々、イチゴ以外(こども2~3頭)がはさまっていることもありますが、イチゴが収まるとぴったりです。

時にはこんなセクシーポーズをしたりして。
20130218_3.JPG

また、展示右の上方には「イチゴポイント(右)」があり、ここにもイチゴがぴったり収まります。
20130218_4.JPG

ここにイチゴがいる時は「邪魔をしないで」のサイン。

こどもたち、そこには行かないようにしてね。

最新のブログ