秋の特別講座「イルカと遊ぼう!」

※受付終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

カマイルカに大接近!イルカにエサやり体験も!

平成25年10月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)の計4日間、海遊館・秋の特別講座「イルカと遊ぼう!」を開催し、小学生以上の参加者各回25 名、合計100 名を募集します。応募の方法は往復はがきで、締め切りは平成25 年9 月17 日(火)必着です。

akinokouza2013.jpg

海遊館・秋の特別講座「イルカと遊ぼう!」は、イルカをテーマにした体験型の講座です。海遊館のカマイルカたちは、遊ぶことが大好きです。水中で鼻から泡を出したり、2 頭で追いかけっこをしたり、飼育係員とボールの取り合いをすることもあります。

イルカたちはどうして遊ぶことが好きなのでしょうか。また、飼育係員はどのようなことを考えてイルカと触れ合っているのでしょうか。今回は、遊ぶことが大好きな海遊館のイルカたちのおもちゃを考案・作製し、水槽内でお手製のおもちゃをイルカたちにプレゼントしていただきます。さらに、飼育係員と一緒にイルカたちに急接近できるエサやりにもチャレンジします。

海遊館では、この講座を通してイルカたちの元気な様子を間近に感じながら、遊び好きなイルカの生態や飼育係員が行っているトレーニングの意味などを楽しく学んでいただきたいと考えています。

また、今回の講座は「大阪湾Years2013」の関連行事として実施いたします。

【海遊館・秋の特別講座「イルカと遊ぼう!」募集要項】
《開催日》 平成25年10月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日) 計4回
      ※各回とも講座の内容は同じです
《時 間》 AM9:00~AM12:00
《場 所》 海遊館2階レクチャールーム、「タスマン海」水槽内
《対 象》 小学生以上(小学生は18歳以上の保護者と一緒の参加が必要)
《定 員》 各回25名(計100名)
《参加費用》 2,000円/一人(海遊館の入館には、別途入館料が必要)
《申込方法》 往復はがきでの応募。往信面に、
 (1)代表者の氏名(ふりがな)、年齢
 (2)代表者の郵便番号・住所
 (3)電話番号(お持ちの方は携帯電話番号、FAX番号)
 (4)参加者全員(5名様まで)の氏名(ふりがな)、年齢、学年
 (5)参加希望日(開催日のいずれか1回分のみ)
 返信面に、はがき返信先の郵便番号、住所、氏名を明記の上、下記の応募先まで
 ※往復はがき1通につき、希望日1日と合計5名様までご応募していただけます。
 ※応募多数の場合は抽選し、結果は返信はがきにて応募者全員に通知します。
 ※募集にあたって収集した個人情報は、抽選および返信はがきの発送など本講座に関する目的のみに使用します。
《応募先》 〒552-0022 大阪市港区海岸通1 海遊館「秋の特別講座」係
《問い合せ》 海遊館インフォメーション 06-6576-5501(AM9:30~PM5:00)
《締 切》 平成25年9月17日(火) ※当日必着

【スケジュール】
AM9:00~ 受付、「タスマン海」水槽へ移動
AM9:20  ご挨拶、エサやり見学(水槽内部と観覧通路にて、双方向の会話を楽しみます)
AM9:45  イルカのおはなし(レクチャールームにて)
AM10:15  イルカのおもちゃ作り
AM11:00  「タスマン海」水槽へ移動。エサやり体験、イルカと一緒におもちゃで遊ぼう
AM12:00  まとめ、アンケート 解散
※都合により、スケジュールを変更する場合があります。

osakawanyears.jpg

【「大阪湾Years2013」について】
2001年に内閣府・都市再生本部が発表した都市再生プロジェクトにより、「大阪湾の再生」がコアプログラムとして位置づけされた。これを受け、2004年3月に広く有識者を集めた大阪湾再生推進会議が立ち上げられ、10年を一区切りとする「大阪湾再生行動計画」が策定され、今日まで産学官民一体となった取り組みが行われてきた。
2013年が終了年となるにあたり、これまでの取り組みや活動を継承・発展させるべく大阪湾の生き物や環境についてのシンポジウム、ワークショップ、勉強会他、様々な活動を、大阪湾をとり囲む博物館や水族館などが連携して行う年と定め、その名称を「大阪湾Years2013」としている。
国土交通省近畿地方整備局(大阪湾再生推進会議事務局)のホームページ
http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/suishin/

最新のニュース

アーカイブ