海遊館初開催!海藻おしば教室「海藻おしばでアートしよう!」

※受付終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

平成26年2月1日(土)に、海藻を使ってアート作品を作る「海藻おしば教室」を開催します。海藻おしば協会の協力により専門の講師をお招きし、作品づくりを楽しみながら、海藻について学んでいただける教室です。この「海藻おしば教室」で作品づくりに挑戦していただく参加者を各回20名、計40名募集します。4歳以上の幼児からご参加いただけますが、小学生以下の方は保護者と一緒の参加が必要です。
応募は往復はがきで、締め切りは平成26年1月15日(水)必着です。

kaisouosiba_1.jpg

日本の沿岸には約1,500種類もの海藻が生育しています。海藻の姿や形は多様で、その造形美は「海藻おしば」の作品を見るとよくわかります。また、主にホンダワラ類やコンブ類がたくさん生育する場所は藻場(もば)と呼ばれ、多くの生き物たちが生活する大切な場所であり、漁業にとっても重要です。

本教室は、専門の講師が「海藻おしば」の作り方をレクチャーし、世界に一つだけの「海藻おしばアート作品」を作っていただきます。また、海藻に関するお話や実験などを交えながら、海藻と海の環境について学んでいただくことができます。海遊館では「海藻おしば教室」を通じて、海藻の多様性や美しさ、海の生態系の中での海藻の重要性などを学んでいただきたいと考えています。

今回製作した作品は、企画展示「水族館の歴史と海遊館」内で、平成26年2月14日(金)から4月6日(日)まで、「海藻おしば作品展(仮称)」として展示する予定です。本件につきましては、開催が近づきましたら改めて情報提供させていただきます。

kaisouosiba_2.jpg
【海藻おしば教室「海藻おしばでアートしよう!」募集要項】
《開催日》 平成26年2月1日(土)
《時間》 1回目:AM9時30分~12時  2回目:PM1時30分~4時
《場所》 海遊館2階レクチャールーム、海遊館バックヤード
《対象》 4歳以上 ※小学生以下の方は18歳以上の保護者と一緒の参加が必要です。同伴はできません。
《定員》 各回20名(計40名)
《参加費用》  一人1,500円(海遊館の入館には、別途入館料が必要です)
《申込方法》 往復はがきでの応募となります。往信面に、
①代表者(保護者)の氏名(ふりがな)、年齢
②代表者の郵便番号・住所
③当日連絡のとれる電話番号とお持ちの方はFAX番号
④参加者全員(4名まで)の氏名(ふりがな)、年齢、学年
⑤参加人数
⑥参加希望回(1回目または2回目)
  返信面に、はがき返信先の郵便番号、住所、氏名を明記の上、下記の応募先まで。
   ※往復はがき1通につき、参加希望回1回(1組4名様まで)のみ有効です。
   ※応募多数の場合は抽選し、結果は返信はがきにて応募者全員に通知します。
   ※募集にあたって収集した個人情報は、抽選および返信はがきの発送など、本イベントに関する目的のみに使用します。
《応募先》 〒552-0022 大阪市港区海岸通1 海遊館「海藻おしばでアートしよう」係
《問い合せ》 海遊館インフォメーション 06-6576-5501 (9:30~17:00)
《締切》 平成26年1月15日(水)必着

【スケジュール】
《1回目》
AM9:15~ 受付
AM9:30~ 海藻のお話(約30分間)
AM10:00~ 海藻を使った実験など(約30分間)
AM10:30~ 海藻おしば作り(約80分間)
AM11:50~ まとめ
AM12:00 終了

《2回目》
PM1:15~ 受付
PM1:30~ 海藻のお話(約30分間)
PM2:00~ 海藻を使った実験など(約30分間)
PM2:30~ 海藻おしば作り(約80分間)
PM2:50~ まとめ
PM4:00 終了
*各回とも、講座の中でバックヤードからジンベエザメの給餌見学も行います。

【製作した作品について】
海藻おしばの作品は、製作後に乾燥とラミネート加工が必要であるため、完成までに数週間を要します。完成後、海遊館で開催中の企画展示「水族館の歴史と海遊館」内で、平成26年2月14日(金)から4月6日(日)まで、「海藻おしば作品展(仮称)」として展示させていただく予定です。この展示が終了した後、各自の作品を郵送にて返却いたします。

【「海藻おしば」と「海藻おしば協会」について】
「海藻おしば」は、浜辺に打ち上げられた様々な海藻を素材にした「押し葉」です。子どもから大人まで誰でも楽しむことができ、カラフルな色彩と造形美にみちた作品は、心の安らぎを与えます。また、製作を体験することで、海面下に美しい海藻たちがつくる海の森や草原があることを知ってもらい、海を大切にしたいという気持ちが芽生えます。
「海藻おしば協会」は、「海の森も大切に」をスローガンに、「海藻おしば体験」を通して、海と地球環境保全の啓発活動に取り組んでいます。また、会長の野田三千代氏は海藻おしばの第一人者で、学術的な海藻おしば標本の製作や様々なアート作品を発表されています。

最新のニュース

アーカイブ