飼育員と一緒にジンベエザメの研究所に行こう!2泊3日【おでかけスクール】

★定員に達しました。

飼育員と一緒にジンベエザメの研究所に行こう!
~高知県の大自然を体験できる夏休み2泊3日~

iburi_odekake_01.jpg

今回のテーマは「研究と自然観察」です。 出発から解散まで飼育員が同行し、高知県土佐清水にある海遊館の研究所「以布利センター」でジンベエザメが泳ぐ水槽の中に実際に入って、ジンベエザメを観察したり、太平洋に面する海岸で漂着物を探したり、海遊館おでかけスクールならではの自然体験がぎゅっと詰まったツアーの参加者を募集します!

ツアーのポイント

海遊館おでかけスクールならではの自然体感プログラム!!

  • 以布利センターで飼育中のジンベエザメを水槽の中から観察できる!
  • 磯の生き物観察や海岸での貝殻収集など以布利センター周辺の自然を満喫!

ツアーの日程

7月28日(土)~30日(月)2泊3日

申し込みはこちら(PDF)

1. 以布利センターってどこにあるの?

四国最南端にあたる足摺岬が有名な高知県土佐清水市に位置し、海遊館で展示している多くの生きものたちのふるさとです。以布利センターの目の前に広がる太平洋には、ジンベエザメをはじめとする大型回遊魚をはじめ、黒潮とともに多くの生きものたちがやってきます。

ashizurimisaki06.jpg

2. 以布利センターって何をしているの?

ジンベエザメなどの大型魚類の飼育を行い、健康管理のためのトレーニングや回遊経路調査などに取り組んでおり、謎の多い海洋生物の生態調査や繁殖研究を行っています。

iburi_odekake_03.JPG

3. バスの長距離移動って大変じゃないの?

今回、バス移動は1時間に1回程度休憩を挟みます。休憩では、カツオバーガーやアイスクリームが有名なサービスエリアのほか、高知県の観光名所のひとつである「沈下橋」に立ち寄りますので、道中もワクワクがいっぱいです。

iburi_odekake_04.JPG

4. ジンベエサメを水槽の中から観察できるって本当?

はい、本当です! 飼育員と一緒にジンベエザメを飼育している以布利センター第2水槽の中へ入っていただきます。水中マスク(ゴーグル)とライフジャケットをつけての観察は、まさにジンベエザメのトレーニングをしている飼育員と同じ目線で観察することができます。その大きさやエサを吸い込む音など、ダイナミックな生命の躍動を体験してください。

iburi_odekake_05.JPG

まずは準備

生き物がいないプールを使って飼育員が事前にレクチャーをします。またライフジャケットを着用しますので、小さなお子様や泳げない方でも安心して体験していただけます。

iburi_odekake_06.jpg

飛び込まずに足からゆっくりと入水

水槽の中にはジンベエザメ以外の生き物も飼育しています。飼育員指導の元、生き物たちを驚かせないよう、ゆっくりと入水しましょう。

そっと水中を覗いてみよう

ジンベエザメはお食事タイムに合わせて、飼育員が目の前まで誘導してくれます。手や顔は出さず、生き物たちの動きをじっくり観察しながら、ジンベエザメが近くまで来るのをその場でじっと待ちましょう。

iburi_odekake_08.JPG

ただし、生き物たちは想定外の動きをする場合があります。また生き物たちの体調によっては水槽の中に入れない場合もあります。そんなシチュエーションも飼育員が経験する仕事の1つ。緊張感に包まれた中で、飼育員の仕事を体験してみましょう!

5. 研究や自然観察だけじゃないワクワクが満載の体験プログラム

本ツアーは、海遊館の飼育員がずっと一緒です。だから、行く先々で、飼育員目線の生き物や自然の楽しみ方をお伝えします。高知県の自然を満喫できる充実のプログラム内容です!

その1. カツオの藁焼きを味わう

高知県は日本有数のカツオの水揚げ量を誇ります。今回、飼育員からカツオの生態や特徴について解説を聞きながら、高知県名物のカツオの藁焼きを味わいます。

odekake_img021.jpg


その2.貝殻フォトフレームやウニキャンドルを作るワークショップ

以布利センター周辺の磯や海岸で生き物を観察しながら、漂着している貝殻やウニなど集め、飼育員の解説を聞きながら、自分だけのオリジナルフォトフレームやウニキャンドル作りに挑戦します。生き物たちの多様性について楽しく学べる内容です。

iburi_odekake_10.JPG


その3.足摺海洋館の見学&バックヤードツアー

土佐湾で採集された美しい魚たちが観察できる足摺海洋館のバックヤードにお邪魔します!エサやり体験や飼育員同士の「水族館トーク」をお楽しみに。

iburi_odekake_11.jpg

6. 誰が参加できるの?

小学生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。過去には、同シリーズのツアーに大人お1人やご家族、お友達同士でご参加いただきました。お1人での参加も、飼育員やスタッフが一緒にプログラムに参加しますので、ご安心ください。
※低学年のお子様はプログラムの内容によって、見学のみにするか、保護者の方が付きっきりで参加するなどのご協力をお願いいたします。

odekake_img001.jpg

7. ツアー概要・申し込み方法

旅行期間
2018年7 月28日(土)~30日(月) 
発着地
大阪梅田
行き先
高知県土佐清水市
募集人数
35名
対 象
小学生以上(ただし、中学生以下の方は18歳以上の保護者の同伴が必要)
★1組あたりの申込人数に上限なし
食 事
朝食2回、昼食3回、夕食2回
添乗員
同行します(ツアー添乗員1名)
利用予定ホテル
足摺パシフィックホテル花椿
旅行代金
◆大人 58,000円(税込)
(2名1室利用/大人1名/中学生以上) 

◆こども(小学生)48,000円(税込)
 
宿泊1名1室利用の場合はお1人様+10,800円 

その他詳しい条件や代金は、下記からダウンロードしてご確認ください。

ツアー申込み方法・募集スケジュール

申込書を海遊館ホームページからダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにて株式会社近畿日本ツーリスト関西までお申し込みください。参加確定者には、近畿日本ツーリスト受付順に随時、詳しい旅行条件等を郵送にてお送りいたします。詳しくは申込書をご確認ください。

申し込みはこちら(PDF)

申込締切り
2018年6月30日(土) ※定員に達しました 
お問合せ
①旅行企画に関するご質問
株式会社近畿日本ツーリスト関西 
担当:海遊館おでかけスクール係
電話:06-4397-8778 
FAX 06-4397-8779

②内容に関するご質問
海遊館インフォメーション
電話:06-6576-5501(9:30~17:00)
メール info2@kaiyukan.com

※キャンセル待ちのお申込みの問合せは①にお願いいたします。

1日目:7月28日(土)

8:00出発 大阪駅(西梅田)駅集合 === 淡路SA(休憩)=== 11:00~12:00 吉野川SA(昼食)=== 土佐PA(休憩)=== ビオスおおがた(休憩)=== 15:10~15:30 佐田沈下橋(立寄り) === 16:30~17:00 以布利センター見学(外観) === 17:30 足摺パシフィックホテル花椿(ホテルチェックイン) → 18:30夕食(交流会)

2日目:7月29日(日)

6:40 ホテルで朝食 → 7:30 ホテルロビー集合 === 8:00 以布利漁協にて水揚げ見学 → 8:30 磯や海岸で生き物観察(貝殻拾い) → 9:30 以布利センターの取組みや大敷網漁のお話 → 10:30 ジンベエザメの給餌見学 → 11:20 カツオの藁焼き実演(昼食) → 12:30 以布利センター第1水槽見学・水槽への入水準備 → 13:30~15:00以布利センター第2水槽にて水槽の中からジンベエザメ観察 → 15:30~17:00ワークショップ === 17:30 ホテル → 18:30夕食(交流会)

3日目:7月30日(月)

6:40 ホテルで朝食 → 8:00 ホテルロビー集合(各自チェックアウト) === 9:00~10:30 足摺海洋館見学&バックヤードツアー === 11:15~12:30サンリバー四万十川(昼食) === 土佐PA(休憩)=== 吉野SA(休憩)===淡路島南SA(休憩) === 18:30 大阪駅(西梅田)到着・解散

最新のニュース

アーカイブ