食べる買う遊ぶ

ふしぎな海の宝石たち

ウミウシ minimini 水族館

3F-7|

  • 全席禁煙

ウミウシ minimini 水族館イメージ

ウミウシminimini水族館、1月20日新装オープン!

天保山マーケットプレースの改装に伴い、「ウミウシminimini水族館」をリニューアルしました。水槽を13基から17基に増やし、展示種数は約25種から約30種となっています。

ウミウシの生体展示は平成26年7月19日(土)から継続しており、水族館でもなかなか出会えないウミウシの飼育と展示に試行錯誤を続けています。


ao_u.jpg 
ウミウシは、不思議でカラフルな姿がとてもかわいらしい巻き貝の仲間です。最近では写真集などで紹介される機会も増えましたが、水族館などでも出会うことは難しい生き物です。2~3cmぐらいの小さい種が多く、動きもゆっくりしています。日本だけでも1,000種以上、大阪湾にも200種以上がいると言われており、その多様さが見る人の心を捉えます。「ウミウシminimini水族館」では、大阪湾のウミウシを中心に、人気のあるものから珍しいものまで、種類を入れ替えながら展示を行います。

【「ウミウシminimini水族館」開催概要】
《期  間》 平成26年7月19日(土)より好評開催中
《時  間》 11:00~20:00 ※天保山マーケットプレースの営業時間に伴って変更する場合があります
《場  所》 天保山マーケットプレース3階 海遊館サテライトギャラリー
《料  金》 無料
《展示予定》 アオウミウシ、シロウミウシ、ミゾレウミウシ、シラヒメウミウシなど
※種を入れ替えながら展示を行いますので、時期により上記のウミウシを展示していない場合がございます。
 
Facebookページ:https://www.facebook.com/umiushi.kaiyukansatellitegallery


【「ウミウシminimini水族館」に登場する予定のウミウシたち】 ※時期により展示していない場合があります

shira_u.jpg《シラヒメウミウシ》体長約1cm
まさに「雪うさぎ」なウミウシ。成長しても体長1cmの小さな体です。黄色と赤の2色のふちどりをもつウミウシは珍しい姿をしています。内臓がうっすらと透けて見え、まるで「大福の中のあんこ」のようです。

mizore_u.jpg《ミゾレウミウシ》 体長約3cm
水色の体に黒いスジがあり、触角とエラには白い粉をふったような模様があります。大阪湾には生息しておらず、インドネシアなどの暖かい海で見られます。

おすすめ

  • アメフラシイメージ

    アメフラシ

    アメフラシもウミウシの一種です。刺激を受けると紫色の粘液を出します。

  • アオウミウシイメージ

    アオウミウシ

    日本で最もポピュラーなウミウシで、また一番人気があります。

  • アカエラミノウミウシイメージ

    アカエラミノウミウシ

    ミノウミウシの仲間は背中にふさふさの突起がたくさんあるのが特徴です。大阪湾では冬場に多く見られるウミウシです。