「大阪湾スナメリ調査」を9月14日に開催!

※ご応募受付は終了しております。 多数のご応募ありがとうございました。
海遊館では、平成26 年9 月14日(日)に「大阪湾スナメリ調査」を実施します。
天保山岸壁から調査船に乗り、生物多様性に配慮した人工干潟や廃棄物を処理する埋め立て地などを見学し、関西国際空港付近でスナメリの調査を行います。スナメリがくらす大阪湾が、私たちの生活と密接にかかわっていることを実体験していただける調査です。大阪ECO 動物海洋専門学校 (旧校名:大阪コミュニケーションアート専門学校)と合同で実施し、参加者をメールで募集します。
応募の締め切りは、8月31 日(日)です。
sunameri_research2012.jpg
スナメリは、体長1.8mほどの小型のハクジラの仲間で、水産庁のレッドデータブックで希少種に指定されています。大阪湾では稀に目撃されますが、体が小さく背びれがないため観察が難しく、大阪湾における生息数や生態が詳しく判っていないため調査が必要です。
一般の参加者と共に実施する「大阪湾スナメリ調査」は今回が5回目です。
1.【 大阪湾スナメリ調査 実施要項 】
《内 容》 調査船(14トン)に乗船し、関西国際空港の周辺でスナメリの目視調査を行います。
※必ずしもスナメリが見られるわけではありません。
《開催日時》 平成26年9月14日(日)9:00~16:00
《対 象》 高校生または16歳以上の方
《定 員》 20名
《参加費用》 1,000円 (乗船料、保険料を含む)
《申込方法》 メールでのご応募となります。本文に下記を記載してください。
 ①メールタイトル「海遊館 大阪湾スナメリ調査」係
 ②代表者の氏名(ふりがな)、年齢
 ③代表者の郵便番号・住所
 ④電話番号(お持ちの方は必ず携帯電話番号とFAX番号も)
 ⑤参加者全員(2名まで)の氏名(ふりがな)、年齢
 ⑥参加合計人数
  ※メール1通につき、2名様まで有効です。
  ※重複した申込みについて、2通目以降のメールは無効となります。
  ※応募多数の場合は抽選を行い、結果は当選者のみに9月5日(金)までに通知します。
  ※募集にあたって収集した個人情報は、抽選およびメールの返信など、本イベントに関する目的のみに使用します。
  ※記述事項に不備がある場合は、抽選の対象外となります。
《問い合せ》 海遊館インフォメーション 06-6576-5501 (9:30~17:00)
《締 切》 平成26年8月31日(日) ※当日着信有効
《スケジュール》
 9:00~  海遊館に集合
 9:15~  レクチャールームにて調査に関する説明 
 9:40~ 調査船に乗船、天保山岸壁を出港、途中、人工干潟や廃棄物を処理する埋め立て地を見学
 11:00~ 関西国際空港の周辺にてスナメリの目視調査を開始
  ※昼食は各自自由な時間にとっていただきます。
  ※昼食はご持参いただきます。
 14:00~ スナメリの目視調査終了、海遊館に向けて出発
 16:00~ 天保山岸壁に帰港、解散
 ※海況により、スケジュールを変更する場合があります。
2.【スナメリについて 】
和名 スナメリ ネズミイルカ科 英名 Finless Porpoise   学名 Neophocaena phocaenoides
小型のハクジラの仲間で、ペルシャ湾から日本にかけての熱帯・温帯アジアの沿岸に分布。
日本では、主に仙台湾~東京湾、伊勢湾・三河湾、瀬戸内海(大阪湾含む)~響灘、大村湾、有明海・橘湾の5海域に生息している。
体色は淡い灰色で、頭部が丸く、くちばしや背びれがない。成長すると体長は平均160~180cmになる。

最新のニュース

アーカイブ