北極の生物紹介~オレンジフッテドシーキューカンバー

こんにちは!

「新体感エリア」の北極圏というとワモンアザラシに目を奪われがちですが、実はもっと他にいろいろな生き物がいるんですよ。
ってことで、生き物たちを紹介していきますね。


今回はこれ!

namako_0703_1.JPG

名前はオレンジフッテドシーキューカンバー。キンコというナマコの仲間です。
普段はこんなふう地味な感じですが、時間によってはキレイに触手を開いてくれます。

namako_0703_3.JPG

namako_0703_3.JPG

ちょっと華やかでしょう?笑

この触手で海中の懸濁物(とっても細かいもの)を取って食べているようです。
・・・とは言われても、食べているところは見たことがないですよね。
そんなナマコの食事を、ついこの前初めて見ました。

一日の作業が終わった後に、北極エリアのアイドル(?)イボダンゴ(←2015.10.7 過去ブログ『北極圏のイボダンゴ』)の様子を観察していてふと隣に目をやると...

namako_0703_4.jpg

ナマコが触手の一本をくわえている・・・。


そのままジーっと眺めてみると


触手をゆ~っくり順番に口に運んで引っ張り出して...を繰り返すナマコさん。
貴重なお食事シーンを見ることが出来ました。笑

一見動いてなさそうな北極生物たちですが、実はゆ~っくり動いているんです。
動き回る生き物を見て疲れた際には、のんびりと眺めてみてはいかがでしょうか。

最新のブログ