大阪湾ってすごいやん!

館内で、ミニ企画展「大阪湾ってすごいやん!~生徒たちが見た地元の海~」が始まっています。
展示規模はミニですが、これまでの海遊館の企画展では見られない、はじめての試みを行っています。昨年度、大阪湾の環境学習で連携した海遊館・大阪南港野鳥園・地元の学校が協力して作り上げたもので、生徒たちと話し合い、大阪湾で見て・聞いて・感じた声を集めて構成されています。
展示トピックスとして、連携した学校の約800名の中・高生に大阪湾についてのアンケートを取らせていただき、結果をパネルにしました。

その中のいくつかを紹介すると、

「最近の1年間に大阪湾(漁港のイベントなど含む)に遊びに行きましたか?」
→「行っていない75%」

「なぜ行かないの?」→「関心がない72%・遊ぶ場所がない9%・危険だ3%」
「大阪湾の水のイメージは?」→「すごく汚い24%・まあまあ汚い38%・普通32%」

予想はしていましたが、少なくとも大阪市内の学生たちの感じる大阪湾のイメージは良くないようです。しかし、うれしいこともありました。環境学習に参加した生徒の感想に、「海を調査し、知ることで多くの人に大阪湾のよさを知ってもらいたい。」「この海にもおいしい魚がたくさんいるはず!」などの意見が書かれていました。 

ミニ企画展をご覧いただくと、様々な大阪湾の顔を知った生徒たちの「大阪湾ってすごいやん!」という声が聞こえてくるはずです。今年度もまた、大阪湾をテーマに環境学習を行っています。さらに多くの「すごいやん!」が聞けることを願って!


osakawattesugoiyan_1.JPG
写真1:ミニ企画展の様子

osakawattesugoiyan_2.JPG
写真2:協力していただいた方々や生徒たち

最新のブログ