4月19日「飼育の日」の記念イベント

先月、生きものサロンの会員さま3名に飼育員体験をして頂きました。
参加者さまには、まず制服に着替えて頂いた上で、カッパと長靴を着用し、生きものたちのエサ作りや水槽掃除など体験というより、実習に近い内容だったかもしれません。

0419siikunohi_1.JPG

0419siikunohi_2.JPG

0419siikunohi_3.JPG

0419siikunohi_4.JPG

0419siikunohi_5.JPG

約2時間という短い時間でしたが、普段、見えない飼育員の裏側をガッツリ体験して頂けたのではないでしょうか。
来年も是非、企画したいと思います♪



今回は特別に体験者さまの声を載せます♪



【体験者さまのコメントより】
・楽しすぎでした~!ずっとわくわくしていたので、アドレナリンが出まくっていて気が付きませんでしたが、終わった瞬間に疲労感がどっと押し寄せてきました...
たった2時間足らずでこの疲労感!?飼育員って大変!!!!というのが、実は1番の感想です。
飼育員さんに対する憧れと尊敬が増しに増した日でした。
飼育員さん自身の命を削って、生き物の命を守っている仕事だなぁ...と。スゴい世界ですね~。


・濃い内容でまさしく大人の社会見学
当然のことですが、飼育員さんは世話をするだけではないんですよね。
冷静な目と情熱と、たった2時間でしたがさすがだなぁとしみじみ思いました。
通常業務の中の受け入れも大変でしょうが、是非続けていただいて、少しでもたくさんの方に体験してもらえたら...と願っています。ありがとうございました。
イワトビペンギンの巣作りのための工夫や、よしずを冷凍するとか、他にも調餌の時にもですが、最初から最後まで飼育員さんがすごく色々と現場話(笑)をしてくださって、本当に嬉しかったです。

最新のブログ