ぎゅぎゅっとキュートのクリスマス 【PART2】

先日お伝えした「ぎゅぎゅっとキュートのクリスマス」では間に合わなかったクリスマスの装飾品をご紹介します。

入口のアベニーパファーのいる球体水槽の中をご覧ください。

gyugyu_xmas2_1.jpg

右の赤い線の先にあるツリーと、左の黄色い線の先にあるサンタ帽をかぶった丸い球。
日本酒のつくり酒屋の軒先に、新酒ができたら吊り下げられる杉玉みたいですね。

これらは実はウィローモスという水生のコケで、当館の若い係員が苦心の末、作成したんですよ。

gyugyu_xmas2_2.jpg

作成は次のような手順で行ないました。
ツリーはプラスティックの角ネットを芯として、芯にウィローモスをちみちみ撒きつけていきました。

そのままではウィローモスが取れてしまうため、糸で押さえました。

gyugyu_xmas2_3.jpg


球は少し固めの発泡スチロールを芯に。

gyugyu_xmas2_4.jpg


こちらもウィローモスをまきつけ、テグスで押さえました。

gyugyu_xmas2_5.jpg


そして、少しずつウィローモスを足しつつ、水温25℃の水槽で1カ月半育てました。

gyugyu_xmas2_6.jpg

ふさふさになってよかったなあ...。

若い人は、私たちにはない新しい発想をしてくれるので、うれしい限りです。
それに手先が器用だわ!!

アベニーパファーともふもふのコラボをお楽しみください。

最新のブログ