フジツボの手招き

春の暖かい日差しを受け、海水温も日増しに上昇します。海中ではプランクトンが目立って増え、動物たちの活動が活発になります。先日、岸壁から水中を覗いてすぐ目についたのはフジツボたちの「手招き」でした。「手招き」?と疑問に思われると思いますが、フジツボの仲間は、流れてくるプランクトンなどの浮遊物を食べる時、普段は閉じている蓋を開けて蔓脚(まんきゃく)を出します(写真1)。


そして、蔓脚を振ってエサをキャッチするのです。その動きはまるで手を動かして手招きしているように見えます。ぜひ動画で確かめてみて下さい。



この時期、今まで静かだった水中の世界は急にざわめいてきます。ぜひ、そーっと小さな生き物たちの世界を覗いてみて下さい。



写真1:アメリカフジツボ

アメリカフジツボ_2.jpg

アメリカフジツボ_1.jpg

最新のブログ