「太平洋」水槽のダイバーは何をしているのか!?

ジンベエザメなどを飼育している「太平洋」水槽の底で、ダイバーが作業していることがあります。

201212232.JPG

よく見ると、ダイバーは風呂桶?とそれにつながった長いホースを持っています。

実は、風呂桶のような物が吸い込み口になっていて、餌の残りやウンチを海水ごと吸い込み、ホースで運んでいます。

そうなんです、水中掃除機なんです!

ホースの先はサイクロンタイプの分離機につながっていて、そこで荒ゴミをとります。

201212231.jpg

最後に細かなフィルターを通して水槽に戻します。

2012233.JPG

生物がウンチ(あたりまえですが...)をする限り、この作業は続きます!

最新のブログ