ゴマフアザラシのあかちゃん成長記録2014「換毛」

3月4日生まれのあかちゃんアザラシ。
前回までは白くてふわふわな姿を紹介してきました。

140508_1.jpg

ですが、このぬいぐるみのように愛らしい姿が見られる期間は意外と短く、その変化は生後2週間ほどで現れ始めます。
あかちゃん特有の白い体毛が抜け、ゴマ模様が出てくるのです。

しかも、これまでに海遊館で生まれたラピスやニコと比べ、その換毛スピードはとても速く見る見るうちにゴマ模様の範囲が広がっていきました。
周りには抜けた毛がたくさん落ちています。

140508_2.jpg

その換毛の速さの違いはお母さんナナの仕業でした。
おっぱいを飲ませようと前肢を使いあかちゃんをポリポリひっかくので、そのたび毛がどんどん抜けていくのです。

140508_3.jpg

ラピスやニコは係員が親代わりになり育てたので、目の周りから自然と抜け始め全身がゴマ模様になるのに2週間以上かかりました。
今年のあかちゃんは抜け始めて5日目にはほぼゴマ模様に。

140508_4.jpg

あまりの換毛スピードの速さに休み明けで出勤した係員からは「え~!一昨日と別人(アザラシ)になってるやん!」と驚きの声が。
ライオンのたてがみのように首の周りに少し残っていますが、この毛もあっという間に抜けかわってしまいました。

140508_5.jpg

やっとゴマフアザラシらしくなったあかちゃん。お母さんのミルクを卒業して魚を食べる練習「離乳」の時期を迎えます。
そのお話はまた次回に。

最新のブログ