ママ目線(食べても食べても太りません!)

授乳中は赤ちゃんにミルクを介して栄養を与えている分、お母さんはいつもよりたくさん食べて、その分の栄養を摂らないといけないですよね。

「授乳してる時は、食べても全然太らないよー!気づいたら痩せてるから...」

なんて話を、私も先輩お母さんからよく聞きました。

もちろん動物たちも同じ。授乳中のお母さん動物には、ふだんよりもたくさんエサを与えています。

お母さんイルカのアーチは、出産直後1日18kgのお魚を与えていました。ふだんの量が1日10kgなので、約2倍!

さすがに人間のお母さんが普段の2倍食べたら、授乳しているとはいえカロリーオーバーで太っちゃいますけどね。

アーチの給餌カゴ(エサを入れるカゴ)はお魚でパンパン。
1501_junyu_1.jpg
↑ 右がアーチのカゴ、左が他のイルカのカゴ

1日18kg食べているときの1回のエサの量は、このくらい。
1501_junyu_2.jpg
これを1日6回です!イルカってすごい!これだけ食べても全然太りません。

ミルクで栄養を摂られるだけでなく、子育てでカロリーもたくさん消費してるんでしょうね。

「食べても太らないなんて羨ましい!」というよりも、「こんなに食べないといけないの...」、「それだけ子育て大変なんだね...」と同情したくなってしまいます...。

栄養満点のミルクをいっぱい飲んで、サーフは元気に成長しています!体もプリップリのパンパンです!

現在、離乳訓練中のサーフ。少しずつお魚を食べられるようになってきました!毎日、成長のみられるサーフに、皆さんぜひ会いに来てください☆

おまけでサーフの授乳シーンの動画をどうぞ。

最新のブログ