にっくき!!カーリー

1月14・15日の2日間は「休館日」でした。休館日には普段出来ない作業を行います。今回は、新体感エリア「モルディブ水槽」のサンゴ水槽の大掃除をすることに!

掃除前がこちら
20150119_1.JPG

よく見るとセイタカイソギンチャク(通称:カーリー)がいっぱい...
20150119_2.JPG


カーリーは繁殖力が旺盛で、ちぎれて残った破片からも増殖しますし、刺胞毒が強いので厄介な存在です。普段の清掃時などでちぎれた触手が手につくと痛い、痛い。

作業は休館日の前日から始まりました。閉館後に、まずはサンゴや魚を予備水槽へお引越し。それから、水槽の海水を抜いて、21:30頃に終了。
20150119_3.JPG

休館日初日は水槽内の擬岩をハンドブラシでゴシゴシ
20150119_4.JPG

ある程度汚れが落ちれば、カーリー対策として擬岩に熱湯をかけます。再度、軽くブラシでこするとカーリーがポロポロとれました。う~ん、すっきり♪
この日は擬岩のレイアウトをやりなおして終了。予定より、早く出来ました。(^0^)

2日目は朝から注水。今は水温が低いので、一晩かけて水温を上げます。(うぅ擬岩が、まぶしい~!)
20150119_5.JPG
翌日(この日は開館する日)の朝、生物を水槽に戻して終わり!!

美しくなり、あの憎いカーリーがいなくなったサンゴ水槽をごらんくださいね。

最新のブログ