おっきいのとちぃっちゃいの

海遊館で暮らすペンギンたちは、「シシャモ」という魚を食べています。

1burogusisyamo.JPG

私たちも口にする馴染み深い魚ですが、子持ちのシシャモは栄養バランスの観点から与えず、卵の入っていないオスのシシャモだけを与えているんですよ(^^)

さて、ペンギンたちは種類に関係なく、メインのエサとしてシシャモを食べているんですが、海遊館で一番大きいペンギンは先日までペンギンパレードで大活躍した「オウサマペンギン」。対して一番小さなペンギンは、新体感エリアで声やにおいまで体感していただける「イワトビペンギン」。

オウサマペンギンの体重は15kgほどあり、イワトビペンギンは2kg前後とかなり差があります。

そう聞いてみるとちょっと気になりませんか?。
オウサマペンギンが食べるような魚をイワトビペンギンは食べることができるのか!?(´Д`;)
イワトビペンギンが食べる魚を食べてオウサマペンギンはお腹いっぱいになれるのか!?(´Д`;)

さあ一体どうしいるのでしょう?
その秘密を知るために、まずはこちらをご覧ください!

2burogusisyamo.JPG

大きさ、太さの違う魚が2匹、実はどちらもオスのシシャモです。

シシャモは毎朝冷凍ブロックを解凍して使っていますが、このように大きさにばらつきがあります。

イワトビペンギンのエサにはこの小さいシシャモだけを選んでいるんです!
口が小さいイワトビペンギンも小ぶりのシシャモなら飲み込むことができます(≧∇≦)/

そしてオウサマペンギンをお腹いっぱいにさせる方法はいたってシンプル。
「いっぱい食べさせる」(笑)

オウサマペンギンは1日でシシャモをなんと60匹も食べるんですΣ(◎Д◎;)
あとはシシャモの他にホッケなどのもっと大きな魚を与えたりして、満腹になってもらえるよう工夫しています(^^)v

食べやすいし、お腹いっぱいになるし、ペンギンたちもさぞ喜んでくれていることでしょう(*´∀`*)
3burogusisyamo.JPG
...。

4burogusisyamo.JPG
...。


...よ、喜んでくれてるはずやで!!(汗)

最新のブログ