オウサマペンギンの雛、成長記録

「南極大陸」水槽で暮らすオウサマペンギンは生後125日を越えました。
現在の体重は約11㎏、もう親鳥と同じ大きさです。
20160128_1.jpg
20160128_2.jpg
嘴もずいぶん長くなりましたねー。

オウサマペンギンの子育ては約8-12ヶ月。
とは言うものの、実は今から骨格が大きく成長することはなりません。
今からは大人の羽に抜け替わる準備として、皮下脂肪をたっぷり蓄える時期に入ります。

これまでに、当館での生育した雛のデータと比較すると・・・
今回の雛は14-15㎏まで太った後、羽が抜け変わると思われます。

また、前回の海遊館日記で報告したお尻の羽とは別の部分に、もう一箇所大人の羽が生えてきました。
それは翼(フリッパー)の先端
20160128_3.jpg

このようにお尻、翼(フリッパー)の順に少しづつ抜け替わるんですね。

さて次はどこの部分が抜け替わるんでしょうか?

最新のブログ