吸盤の口

南米に暮らすプレコの仲間たち。
「エクアドル熱帯雨林」水槽にもいますが、これは「海遊館の顔博」で展示中の個体。

pureko_kyuban_1.JPG

曲線状のアクリルに口がぺっとりとくっついているのがわかりますか?
プレコの仲間の口は吸盤になっていて、岩などにくっついて、生えているコケなどをこそぎとるようにして食べています。
そんな生態から、水槽のコケ掃除屋さんとしてプレコの仲間を飼育されている方も多いです。
せっかく、「顔博」にいるので、その口を激写するぞ!

pureko_kyuban_2.JPG

わっ、ちょっとグロテスク!?
特に下唇の粒つぶっとしたもの。

これは全部歯で、上顎の歯とともにごしごしして餌をとるというわけ。
触ってみたいようなみたくないような...。

でも、中には流木をがじがじする種類もいるので、触らないほうがよさそうですけどね。
そして、海遊館ヒゲ部としては、プレコはナマズの仲間なので、立派なカイゼルひげの持ち主であることがわかり、満足です。

よく、この口を見たお客様から「気持ちワルー」と言われていますが、否定はしませんけども、たいへん優れものの口だということはご理解いただきたいなあ。

最新のブログ