水槽の透明度のお話

水槽の透明度って?
機械でも測れますが、最も優れているのはアナログ「人の目」なんです。
実際の水槽を見て判断もしますが、こんな事もしています。

1803toumeido_1.jpg

長さ1mの透視度管!試験管の巨大版です。

1803toumeido_2.jpg

この透視度管を2本用意し、1本には蒸留水、もう片方には水槽の水を入れます。

1803toumeido_3.jpg

1803toumeido_3_2.jpg

透視度管の底は写真のようなプレートを沈ませておき、上から覗いたときに黒いラインがはっきり見えるか?黒色が鮮明か?を蒸留水と見比べます。


1803toumeido_4.jpg

▲これが蒸留水。
もちろんクッキリ、ハッキリ、見えます。


1803toumeido_5.jpg

で、これが「太平洋」水槽の水。▲
うぅ~ん、写真では若干、白っぽいですが実際は違いがわかりませ~ん。
いいんです!違っていたら水槽が濁っているということですから・・・。
でも、やっぱり気になるときは。

1803toumeido_6.jpg

アクリルパネルを磨いたり(゜_゜)



1803toumeido_7.jpg


水中からも磨いたりしちゃって(*^_^*)

最新のブログ