親と同じでした

先日、「太平洋」水槽を掃除しているダイバーから、「オオセの赤ちゃんが産まれています!」と連絡を受けました。
予備水槽に移し、よく見てみると...

1808osezame_01.jpg

小さなオオセの赤ちゃんが!!大きさは全長25cm程です。
ちなみに大人のオオセはこちら。

1808osezame_02.jpg

大きさは80cm程あります。
形はほとんど大人と同じですよね。赤ちゃんにも立派なヒゲがありました。
オオセはサメらしくない形態ですけども、口の前に獲物が来ると目にも留まらぬ速さで食らいつきます。
そして、一度口にした獲物を離さないように、歯は鋭く尖っています。

「太平洋」水槽には雌のオオセが数匹暮らしているので、どの個体が産んだのか定かではありませんが、広い「太平洋」水槽で産まれて、ダイバーが見つけるまで他の魚に襲われなかったのはオオセの体の色や柄のお陰かな?
7月、8月で産まれた赤ちゃんはなんと5尾!もしかしたらまだ産まれるかも?

予備水槽に移したオオセの赤ちゃんは全長、体重測定、雌雄の確認をします。

1808osezame_03.JPG

1808osezame_04.JPG

大きくなるまで定期的に記録を取りながら飼育して、「太平洋」水槽にデビューの予定。
何年後になるか分かりませんが、その時はまたお知らせしますね!

最新のブログ