トレーニング

生きもののお食事タイムは、餌を与えるためだけの時間ではありません。
お食事タイムの時間、解説でもたびたび説明していますが、生き物のトレーニングの時間でもあります。

皆様の前で色々な行動のトレーニングをしていますが、今日は、普段はお見せしないこんなトレーニングをご紹介します。

1810training_01.JPG

ちょっと遠目からの写真ですが...
何のトレーニングをしているかお分かりでしょうか。
なにやら小さなカゴの中にアシカが入っていますが、これは見たまま「カゴに入ってもらうトレーニング」なんです。

では、なぜこんなトレーニングをしているのでしょうか。

アシカが病気になったり大怪我をしたりして水槽から出さなければならなくなったとき、このカゴにアシカを入れて運び出します。
ところが、これがそう簡単にはいきません。

もし、私達が突然小さなカゴに閉じ込められそうになったら抵抗しますよね。
それと一緒で、いざという時に、いきなりアシカをカゴに入れようとしても抵抗します。
そこで、普段このカゴに入ってもらうトレーニングをすることで、カゴに対するアシカの認識を「謎のカゴ」から「普段よく入るカゴ」に変えて、実際に運び出す時にすんなりカゴに入ってもらおう、というわけなんです。

皆様の前で頑張っているアシカもいれば、見えないところで頑張っているアシカもいます。
もしよければ、餌の時間に姿が見えないアシカのことも応援してあげてくださいね。

最新のブログ