オウサマペンギンのヒナの様子

「南極大陸」水槽で昨年の10月にふ化していたオウサマペンギンのヒナ。
水槽のリニューアル工事のためにバックヤードに移動していましたが、順調に成長し、今では親と変わらない大きさになっています。バックヤードでふ化したヒナも順調に成長しています。

1902_ousamahina01.jpg

巣立ちはまだまだ先ですが、それまでにやっておくべき水族館ならではの"ある"練習があります。それは飼育員の手からエサを食べられるようになることです。
最初はヒナの口にエサを挿し込むようにして、「食べること」に慣れさせていきますが、やはりすんなりとは食べてくれません。今では日々の練習を経て、2羽とも飼育員の手元からエサを食べています。

1902_ousamahina02.jpg

リニューアルオープンする頃は巣立ち間近に迫っているでしょうが、まだ茶色いふわふわの綿羽は残っていると思います。成長したヒナに会えるのを楽しみにしていてください。

1902_ousamahina03.jpg

最新のブログ