一"毛"打尽

「南極大陸」水槽ではオウサマペンギンの換羽(羽毛が生え変わること)の季節を迎えています。
オウサマペンギンの場合、3週間から4週間ほどかけて、全身の羽毛が全て生え変わります。

s1905ousama_kanu_01.jpg

今年は多い時、13羽のオウサマペンギンが一斉に換羽しているため、抜け落ちる羽毛の量がとても多くなります。

抜けた羽毛は、水槽のあちらこちらに落ちています。もちろん、毎日きれいに掃除します。でも次の日にはまた大量の羽毛が散乱しています。この季節はそれが1カ月以上も続くのです。

s1905ousama_kanu_02.jpg

散らかった羽毛の掃除は大変です。羽毛を拾い集める作業はかなり大変で時間もかかるため、排水溝に流します。
排水溝の蓋を開けると...

s1905ousama_kanu_03.jpg

一面にネットが仕込まれています!

s1905ousama_kanu_04.jpg

排水溝に流れた羽毛をこのネットでを一網打尽...いや一"毛"打尽にしているのです。
排水溝のネットで集められた羽毛は毎日バケツ一杯の量になります。

s1905ousama_kanu_05.jpg

まだまだオウサマペンギンの換羽は続いています。
これからも私たちと大量の羽毛との戦いは続きます...。

最新のブログ