アザラシとアザラシ

新・体感エリアがオープンしてから、海遊館では2種類のアザラシを展示しています。

今日はその2種類のアザラシたちの違いを少しだけお話したいと思います。

まずは全体像をご覧ください。

ゴマフ1.JPG

↑ こちらがゴマフアザラシ。

 IMGP0503.JPG

↑ そして、こっちがワモンアザラシ。

どちらもアザラシなので脚は鰭のような形をしており、前脚は非常に短いです。

違いを挙げるとすれば、ワモンアザラシの方が少し丸っこい体型という点でしょうか?

他にも、もっと分かりやすい見た目の違いがあるんです。ヒントは背中の辺りにご注目下さい!

どうでしょう?分かりましたか?


では、こちらではどうでしょうか?

IMGP0488.JPG

  ↑ ゴマフアザラシ     ↓ ワモンアザラシ

IMGP0512.JPG

お分かりいただけましたか?そうなんです!背中の模様が違うんです!!

ゴマフアザラシは漢字では「胡麻斑」アザラシと書き、背中や体の側面が写真のように、ゴマを散りばめたようなまだら模様をしています。

一方、ワモンアザラシは「輪紋」アザラシと書き、背中や体の側面に輪っかの様な模様がたくさんあります。

でもこのアザラシ達には、パッと見ただけで分かるような決定的な違いがあるんです。

 

それは...     大きさ!!!

 

ゴマフアザラシは大きいものだと体重がゆうに100kgを超え、最近デビューした1歳のラピスでも40kgを超えています。

それに比べて、ワモンアザラシは非常に小型のアザラシで、大人になっても45kg程しかありません。

そう!その差はまるで大人と子供、一目瞭然です!

ちなみに全世界には18種類ものアザラシの仲間がいるんですよ。

最新のブログ