岸壁での生物調査

  
海遊館では、定期的に海遊館前の岸壁で生物調査を行っています。

先日の調査で、調査開始以来初記録の生物がでました。その名は「クビナガワレカラ」。

20130421.jpg

写真をみていただくとちょっとエイリアンのようですが、ワレカラは甲殻類の仲間で、エビ・カニとは親戚筋にあたります。

普段は後ろ足で海藻などにつかまっていますが、前方の足も使ってシャクトリムシのように移動する姿はユーモラスです。

大きさは1~3cmのものが多く、体も細長い為、海藻やゴミと間違ってしまいそうです。これまでも見逃していたのかもしれません。 

岸壁の付着生物の世界は、小さな生き物たちの世界です。顕微鏡で拡大して見た時、そこにはミクロコスモスが広がっています。

最新のブログ