サーフ通信1月号 ~食べてるね編~

生まれて4ヶ月たったカマイルカのサーフ。

3ヶ月が経った頃、離乳を行うためエサの魚をポイポイ放り込むことでサーフに興味をもたせ、そしてだんだんとまるまる1本の魚を食べるようになってきました。


近頃一番多かったのは960g。

お母さんのミルクしか飲めなかったサーフが魚を食べているなんて、涙がこぼれそうです。このまま順調にぐんぐん食べてくれるとうれしいですね。

2010年に生まれたサーフのお姉さん・アクアの場合は、慎重に慎重に、と進めていましたが、2頭目ともなると私たちにも若干心の余裕ができて、こんくらいやから次はこんなんでいっか~、って感じで進めています。

まだ手元から食べるところまでは到達できていないのですが、もう少ししたら食べられるようになりそうです。

こどもの成長は見ていて楽しいです。

最新のブログ