流量計の取替作業

海遊館の循環システムは基本コンピューターで管理しています。
水温とか流量とかを管理している訳です。
今回は流量を計測する機器の取替作業についてのお話。

これがコンピューター画面。

1909_setsubi_blog01.jpg

現場についている流量計がこれです。

1909_setsubi_blog02.jpg

これが古くなったため、取替をします。
まず、現場の流量計を取り外し、新しい流量計を取付します。

1909_setsubi_blog03.jpg
▲新しい流量計

1909_setsubi_blog04.jpg
▲取替中

1909_setsubi_blog05.jpg
▲結線中

現場の流量計は「パドル式」で水車のようなものがクルクル回り、それで流量を測っています。

1909_setsubi_blog06.jpg

1909_setsubi_blog07.jpg

取替が終わると、実際の流量と合っているかの確認作業をします。
簡易式の流量計を設置し、実際の流量を計測します。

1909_setsubi_blog08.jpg

これとコンピューターの流量が合うように調整します。

1909_setsubi_blog09.jpg

調整完了!
約1時間の作業でした。
海遊館では10年スパンで取替をしています。
しかし、この流量計が約50台あるのです(汗)。

最新のブログ