エビちゃん。ありがとう~

「チリの岩礁地帯」で展示していた、「エビちゃん」ことエビスザメを、高知県にある海遊館の研究所「以布利センター」へ1月14日に輸送しました。

20140120_1_1.jpg

サメの多くは5対のエラあなをもち、背ビレが2つありますが、エビスザメ(Notorynchus cepedianus)は、7対のエラあなをもち、背ビレが1つしかなく、化石種の形態に似ているとても珍しいサメです。

20140120_1_2.jpg

エビちゃんは、2010年4月1日に以布利センターのある土佐清水市以布利の定置網に入網し、水揚げされているのを当館スタッフに発見されました。

スタッフは「エビスザメやないか!!!!」と水槽へ。
水揚げされていた時間が長かったので、無理かな~と思っていたそうですが、翌日水槽を見に行くと、なんと元気に泳いでたんです!!!(^◇^)

そして...2010年5月に海遊館ではじめて展示されました♪

当時のエビちゃんは全長130㎝ほどでしたが、11月には150㎝に成長しており、少しかすり傷が目立つようになりました。
どうしたもんかと悩んだ結果、水温の低くなる冬季は以布利センターで療養してもらうことになりました。

これは輸送の時の写真です。

20140120_1_3.jpg写真③

この方法がエビちゃんにとって、とても良かったようで、2010年から3回の展示を行うことができました。しかし、11月ぐらいから傷が増え始めたので今回も全長を測ってみると、

なんと2.21m。

そう、エビちゃんにとって水槽が狭くなっていたんです。スタッフで相談し、ちょっと寂しいけど、以布利センターの生簀で傷を癒したのち、海に戻すことを決めました。

掃除中のダイバーに後ろから膝カックンをしたり、餌のイカがあまり好きじゃなかったりするエビちゃんですが(笑)、たくさんのお客様にとても貴重な姿を見せてくれたと思います。

エビちゃん!本当にありがとう~♪

最後に、生簀で泳ぐエビちゃんをご覧ください。

最新のブログ