湾岸放流バルブ点検 PartⅢ

このバルブの点検を紹介し始めてから、早いもので3年が経ちました。

(過去の記事はこちらからご覧ください。)
→湾岸放流バルブ点検(PartⅠ)
→湾岸放流バルブ点検(Part Ⅱ)

7年前に分解整備してから特に不具合はないのですが、開閉ができなくなると施設内に水が溢れる恐れがあるので、1年に1回のチェックは欠かせません。

さて、今回もいつものように防塵マスクを装着し、現場に向かいます。

1017_1.JPG
バルブ室に入るためにフタを外すのですが、その時足元が陥没していて転んでしまいました。
▼おおっと、何じゃコレ! 穴が開いてるやん!
1017_2.JPG
何とかフタを外し中へ。
▼気を取り直してバルブ室へ
1017_3.JPG
今度は足場板が古くなり、力をかけると破損して水溜りに落ちそうです。
▼落ちないように用心しながら進みます
1017_4.JPG
慎重に作業し、事なきを得ました。
後ほど、陥没個所の補修と足場板の交換をすませ、来年の作業に備えました。
▼さぁー回転チェック!
1017_5.JPG

▼板を新品と交換
1017_6.JPG

▼ではまた来年!
1017_7.JPG
"同じ話ばかり聞きたくないわ"という声も聞こえてきそうなので、このシリーズは今回で終了しようと思っています。

最新のブログ