なんとかならなイカ?

先日、夕刊を読んでいたら「スルメイカ不漁」という記事が1面にでていました。
それによると特に太平洋側のスルメイカが不漁で北海道や青森での水揚げが大幅に減っているそうです。
個人的にスルメイカは大好物(おいしいですもんね~)なので、「あー、今シーズンは高価だなあ...」と思っておりましたけども。
個人の好みはさておき、当館ではラッコ・パタをはじめ、魚類などの餌としても使用しているため影響は大きく、餌料担当は頭を悩ませています。

で、海遊館でもイカを展示しています。6F特設水槽ではアオリイカとタチウオをご覧いただけます。
1.JPG

アオリイカの水揚げはどうなんだろうと思って担当者に聞くと、「スルメイカのように不漁っていうことはないよ」とのことでした。
とはいえ、イカ全体の水揚げの大半はスルメイカ、コウイカで占めているので、巷のイカ不足?はまだ続くかもしれません。
イカの養殖はまだ成功しておらず、当館でもある程度のところまでは行くのですが、先は長そうです。

さて、展示中のアオリイカは秋口に以布利センターからやってきた個体で、かなり大きくなりました。
一番大きいもので全長40cmを超えています。

2.JPG

2月に入り、新しいアオリイカがやってきて、水槽がにぎやかになりました。
これらは全長が20cmくらいで、大きいものの半分くらいです。

3.JPG

イカとタチウオのコラボは期間限定です。ぜひ、お早めにごらんいただければと思います。

最新のブログ