ひと夏の経験

9月の初め、最近では経験したことのない台風のおかげで、海水運搬船にアクシデントが発生し、海遊館で使う海水を運ぶことが出来なくなったので、人工海水を造ることになりました。
人工海水の素1tで30㎥の海水ができます(1㎥は1m×1m×1mの立方体となります)。作業工程は人工海水の素の運び入れ、貯水槽への投入、水張り、溶解させて初めて使うことができます。

1袋500kgの人工海水の素の移動は結構大変、またこれを吊り上げて投入も一苦労です。
9月の終わりから船による輸送が再開されたため、人工海水の製造を終了しました。いままで、こういう事態を想定したことはなかったのですが、緊急時の対応でなんとか急場をしのぐ事ができ、良い経験となりました。



1.トラックでの搬入

1810_jinkou_kaisui01.JPG

2.運び込まれた人工海水の素

1810_jinkou_kaisui02.JPG

3.吊り上げ

1810_jinkou_kaisui03.JPG

4.投入

1810_jinkou_kaisui04.JPG

5.投入後 白い煙がモクモク

1810_jinkou_kaisui05.JPG


6.一晩溶けるのを待ちます

1810_jinkou_kaisui06.JPG

最新のブログ