水分補給

突然ですが皆さん、海に住んでいるアシカやイルカ等の哺乳類はどのようにして水分補給をしているのでしょうか?
海水を飲んでいると思う方が多いと思います。
実は海水から水分を摂取していないのです。
ではどのように摂取しているのでしょうか?

水分を摂取する方法は2種類あります。
ひとつは餌に含まれる水分から摂取しています。
もう一つは、食べた物を分解するときに出てくる水で、これを代謝水と言います。
主にこの2種類で水分を得ています。
ですが、腎臓の働きが弱い個体や、歳をとっている個体は水分を摂取しにくいので水分補給のためにゼラチンを与えている個体もいます。
他に水分補給をするやり方としては、餌に水を直接注入します。

どのようにして水を入れているのかというと、注射器で入れています。

1911_suibunhokyu.jpg

主に病院で使うことが多い注射器ですが、餌の魚に水を入れるのにぴったりなのです。


今用意しているのはカマイルカの餌です。
シシャモとサバに注射器で水を入れ、このようにして水分を摂取しています。
動物達も私たちと同じように脱水症状になることがあります。
夏はもちろんのこと、冬は乾燥していて知らない間に脱水症状になっていたりするので皆さまもお気を付けて!!

最新のブログ